リハビリについて - (NPO)全国SCD・MSA友の会 特定非営利活動法人 全国脊髄小脳変性症・多系統萎縮症友の会

文字サイズ
  • 小さいサイズ
  • 少し大きいサイズ
  • 大きいサイズ

〒170-0004
東京都豊島区北大塚2-7-2

電 話:03-3949-4036
FAX:03-3949-4112

リハビリについて

脊髄小脳変性症・多系統萎縮症においてリハビリテーションはとても重要です。
小脳症状の運動失調や歩行障害に対しては歩行訓練、運動療法を行い、筋肉の固縮に対してはマッサージ、筋力低下・転倒・けが予防に対しては筋力訓練を行います。
全身の機能低下を防ぐこと、進行を抑えるために、リハビリテーションを行うことはとっても大切なのです。

リハビリの方法を詳細に掲載しております。
友の会から刊行している『脊髄小脳変性症・多系統萎縮症のリハビリテーション―神経難病患者のQOL向上のために―』
をご覧下さい。

ページトップへ